海外旅行が定着した理由(1)

我々、日本人が気軽に海外に旅行に出かけるようになって、まだ数十年程度しか経っていないことをご存じですか。
現在では、ごく当たり前にアメリカでもヨーロッパでも、アフリカでさえも気軽に行くことができます。
旅行会社のツアーに申し込めば、外国語がまったく話せなくとも、なんの問題もなくどこでも観光できてしまうのです。
本当に良い時代になりました。
しかも、当初は1ドルが360円と決まっていましたが、現在では100円前後にまで下がりましたね。
そのお蔭で経済的にもとても低予算で海外旅行が出来るようになったのです。
近年ではもうずっと長い間、1ドル100前後程度ですから、それが当たり前のように思っていらっしゃるでしょうが、360円であった時代もけっこう長かったのです。
もしもそのままであったなら、現在も海外旅行に出かけられるかたは、それほど多くはなかったでしょうね。
日本人が気軽に海外旅行出来るようになったのは、円が高くなったからというのが、一番の原因となっているのではないでしょうか。
簡単な数字で考えてみましょう。
現在、1ドルが100円として考えた時、10万円の旅行が、以前ですと36万円かかったということになるのです。
10万円ならば3回も行くことができる金額です。
決して旅行出来ない金額ではないでしょうが、平均的な収入のかたでしたら、気軽に毎年行けるような金額でもありませんね。
旅行がお好きなかたにとりましては、一回の旅行を出来るだけ低予算で抑えて、回数を多くしたいというのが本音ですので、やはり円高は嬉しいことですね。